ポータルサイト制作事例

WordPressによるポータルサイト制作例。
---
飯田市/昼神温泉/下伊那エリアガイド【南信州.com】
http://iimachi.net/ms/
※音・映像流れます(運営側の意向で延々と流れます。。)

制作:ファーストエレメント
---
昨年6月からWordPressを使用して公開していた地域情報ポータルサイトのリニューアルです。テキストベースですっきり、SEO対策も考慮したデザインにしました。(実はまだすべて最適化できておりません…たとえばサイトタイトルとページタイトル両方にh1が設定されてしまっていたり、ページ個別にkeywordおよびdescriptionを入力してあるものの、プラグインのコンフリクトが発生したためにOFFにしてあるetc.)

■ページホスティング
このサイトはマルチユーザー版のWordPressMUではなく、WordPressMEを使っています。有料でお店情報を記事として掲載しています。その上各企業にユーザーアカウントを発行し、それぞれがページの更新を直接できるようにしています。現在、携帯からメール投稿で、その企業ページ内の一部を更新する機能を試験中です。

■検索
ジャンル、地域、フリーキーワードによるAND検索(絞り込み検索)機能を設置しました(独自開発)。実はまだお店情報はメタ(カスタムフィールド)をほとんど使わずに、ごっそり本文にテーブルで組んで放り込んであるだけですが、定休日や料金など詳細なデータをメタ(カスタムフィールド)に登録していけば、さらに詳細な検索ができるようになります。

■「NEW」マークの自動表示(ON/OFF)
トップページおよびカテゴリページは投稿日順ではなく、更新された順に並べているのですが、新規登録企業の区別が付くように、投稿してから14日以内の企業情報には赤い「new」マークが自動で付くようなphpプログラムを作成してテンプレートの中でincludeしています。

■別ブログから最新の「写真」を呼び出し
「南信州ブログ」という、写真中心のブログから、最新投稿記事の写真1点のみをトップページに呼び出してきています。

■SNS(OpenPNE)から、更新されたトピックス名の取り出し
まだ公開されていませんが、SNSのすべてのコミュニティ内で更新されたトピックス名を、ポータルサイト側に更新順に表示します。

■おくやみ情報を会員制(ログイン化)に(4/23から)
サイト全体をIDとパスワードで保護し、登録を促します。

■ビジュアルリッチエディタを内蔵TinyMCEからDean's FCKeditor for WordPress
最近はEditorMonkeyではなく、こちらを(内部を日本語化して)使っています。
FCKeditorは何といってもテンプレート機能が便利ですね。あらかじめお店ページのテンプレートを登録しておいて、スタッフが1クリックで簡単に投稿できるようにしてあります。
※機能は問題ないのですが、このプラグインに限らず、TinyMCEからFCKeditorにプラグインを切り替えると、今まで内蔵TinyMCEで編集したCSSがいったんリセットされてしまいます。例えば投稿画面内で写真の大きさを縮小してあったものはリセットされてオリジナルサイズになってしまうのでもう一度設定しなおさなければなりません。


↑ PageTop

この記事へのコメント
コメントを書く
name

mail

url

comment

認証コード: *


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。