日本でWordPressがマイナーな理由

日本でWordPressがMovableTypeよりマイナーな理由についての記事。

Why WordPress is minor in Japan MarkupDancing (2008/3/30)

1.MTにはサポート面での信頼性、信頼感がある
2.データベースの利用は高額だった(からDBに依存するWPは問題外)
3.Webプロダクションでは「プログラミング」とはperlでコードを書くことを意味する(つまりperlのMTのほうが日本人には馴染みやすいということ?)
4.日本のWebデザイナーはプログラミング言語が使えない(のでPHPの基本スキルが要るWPは使えない)
5.日本ではフリーソフトウェアの健全なコミュニティが育ちにくい(ということかな?)

既にみんなが気づいている内容が多いですが、2の「データベースは高額だったから」というより、そもそもWordPressをみんな知らなかった。いまだにWebデザイナー向けの雑誌やレンタルサーバのキャッチコピーには「MovableType」はあっても「WordPress」の文字はごくわずか。ほんとに。このブログの訪問者も「WordPressとは」という検索語句が毎日ある。


 
思うに、うちのような地方の小規模Web制作者は、すぐに集まれるような制作者仲間が少ないし、そもそも積極的にコミュニティを形成することに慣れてない(独立独歩でやっているうちに一人で解決することに慣れてしまう)。そうすると入ってくる情報も少なく遅くなる(Webで探せることは自分の知っていることに関連した事以外入って来にくくなる)。だから、初動までにタイムラグができる。つまり地方の中小制作会社にじわじわとWordPressの波が広がっている最中ではない?地方、という括りは変だろうか。。

ちなみに自分がWordPressを初めて知ったのは2年半前。バージョンはME2.0.2。そのさらに2年前にはすでにMTでサイト構築していたけど、XOOPSの名前をちょろっと知っていた程度。

1の「MTにはサポート面での信頼性、信頼感がある」っていうのはあるのでしょう。制作者も日本語ドキュメントも多い。でもむしろ、MTのProNetへ加入するとライセンスを割引価格で購入できるのでそこでもマージンが得られる、ということもあるんじゃないのかな〜?と思うんですけど。中・大規模サイトならなおさら…

4の「日本のWebデザイナーはプログラミング言語が使えない→WPはPHPの基本的なスキルがいる」というのは、ごく普通の企業サイトをつくる分には特別PHPの知識は要らないような気がする。ポータルサイトやCGM的なサイトへ応用するなら要るけど。本家サイトにはテンプレートタグの解説があるから。つまりは必要なのは英語力のほう。そういう意味で「wptags.com」の役割は大きかったのだろうけど、今はアクセスできず残念。

whileとかelseとかの語句が心理的な壁を高くしてるのでしょうか。MTはどんなだっけかな?

「テンプレートタグ」って要は、いくつものPHP関数と変数やら定数が自動処理される「オールインワンPHP関数」で、「PHPとはなんぞや」を知らなくても用意されたオプション値を変えるだけでOK…そう考えればMTのタグと変わらないような。

5の「日本ではフリーソフトウェアの健全なコミュニティが育ちにくい」(と勝手に解釈)についてはよく知らない。趣味や"Geek"としてWordPressを追っかけていれば分かったのかもしれませんが、仕事上必要な情報収集&アウトプットしかしていないので。

WPかどうかわかりませんが、フリーソフトウェアのサポートをボランティアで行うような人が、本の出版を目指したり有名になろうとするとそれをタタクような人がいる…そういうのに遭遇したわけではないけど、なんだか理解できる。

横並びの環境で育ってきた同じ人間に、あびるほどの情報がそそがれ続ける、日本。同じ顔した人間が「タッチの差で抜きんでる」ことに嫉みを覚えるのか?

---

WordPressがWeb制作ツールとして日本でどの程度メジャーになれるのだろう。少なくとも、情報が少ない→利用者が増えない→信頼感がない、と負のスパイラルにならないように、微力ながら自分もがんばっていきたいですが。

自分の中では、世界的に見ればWordPressはものすごくユーザーベースが大きいので、それがすごく大きな信頼感に繋がっている(オープンソースの信頼性に疑問を抱くようなクライアントにもまだめぐり合っていない)。

自分がWPに飛びついた理由は、

1.人と違うツールを使いたい。ひねくれ差別化。
2.可能性に惚れ込んだ。
3.再構築エラーが出ない(笑
4.DBが壊れない。
5.動作が軽い。

使いながら気づいていったのは、

1.足りない機能はPHPで「即時」補える。
2.プラグインが豊富にある、つくれる。
5.WPはDBとのインターフェイス。Webアプリの母艦みたいなもの。

---

こんだけの恩恵を無料で得ているわけなので、Web制作者としても何らかのかたちでオープンソースに貢献しなきゃ、と思います。といっても自分一人じゃプラグインはつくれない(そろそろがんばってみます)。そしたらまずは、制作例をたくさん紹介して、WordPressの可能性になるべく多くのひとに気づいてもらう。そしてノウハウを共有すべく、ブログになるべく具体的に書く。フォーラムで困っている人にコメントしてあげる。そして(スキル的に必要なくても)WordPress本を買う。まだ1冊しか買ってないので全巻買うことにします(…て何冊あるんだろ汗)。

このブログもいまだにシーサーなんだけど(アカウントもってたし検索サイトにインデックスされるのも早かったし、シーサーブログのカスタマイズを頼まれたので勉強に)、このサイト自体がWPの見本サイトみたいになってたほうが話が早いだろう、と思うのでなるべく早くWordPress化します。


↑ PageTop

この記事へのコメント
はじめまして。

WordPressのタグ検索からきました。
一つWordPressでブログをやっているのですが、とてもWordPressは魅力的なブログですよね。

こちらの記事を参考にさせて頂いて私もちょっと突っ込んでWordPressをやってみようかな?と思いました。

Posted by タナベ ミチノリ at 2008年05月31日 15:03
タナベさんコメントありがとうございます〜

WordPressはいいですよね!

けっこう気まぐれ×仕事の疎密によって更新間隔がバラバラですが、なるべく他の方にも役立つようなこと書いていきたいと思ってます。

よろしくお願いします。
Posted by みやざわ at 2008年05月31日 21:07
私も気まぐれなので(藁)
こちらの記事を参考にさせてもらって、もうちょっとやってみようかな?と思います。

WordPressをサーバ変えて実験で立ててみました。

http://tenma52.wordpress.ne.jp/

(直リンク打ちすみません...)

なんて言うか、このブログシステムはとても安定して余計な宣伝も入らないので、とても感じ良いですよね。

私の場合、趣味に走ってしまいそうなのですが(^^;
Posted by タナベ ミチノリ at 2008年06月09日 21:56
コメントを書く
name

mail

url

comment

認証コード: *


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95995406

この記事へのトラックバック

[memo] 日本でWordPressがマイナーな理由
Excerpt: 日本でWordPressがマイナーな理由 | WordPressカスタマイズメモ【企業ホームページ制作方法】 元ネタの元ネタも合わせて紹介。 MarkupDancing  Why Wor..
Weblog: nibushibu.com/genki
Tracked: 2008-05-25 12:26

WordPressデビュー
Excerpt: 少々 遅きに過ぎる感がありますが、wordpressにてブログ制作開始♪ Movable Type と比べて、これはありがたい、と思える点も。 スタイルシートの編集が wp の方が楽ですね。 それから..
Weblog: SOHO Web屋の雑記帳
Tracked: 2008-07-16 12:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。