Seesaa→WordPressへ移行。

今、このブログを(ようやく)SeesaaからWordPress 2.6に移行すべく、エキスポート→インポート作業を行っていますが、Seesaaからエキスポートしたファイルには「.html」という拡張子がついています。これが付いてると、WordPressでインポート時にタイムアウト(サーバ無反応)になります。

■ダウンロードしたファイル
mtarchive-wordpress.log.html

↑これから「.html」部分を削除してインポートするとインポートできます。

---
URLを見ると末尾が「step1」でタイムアウトになってるので、そこにstep2と打ち直してみると、「本当に実行していいですか?」とメッセージだけ出て、OKボタンも何もありません…こ、これは最近チョッパーさんからコメントいただいてた現象ですっ!

とりあえずインポートは解決したわけですが、はて、チョッパーさんのAdmin-SSLでは何がおこっているのかな。。。
---
■SeesaaからエキスポートしたファイルはMT形式
なので、WordPressのインポート画面では「Movable Type と TypePad」を選びます。

■文字化け
さて、インポートが完了したのでサイト(仮URL)上でチェックしてみると、ところどころ文字化けをおこしています。手打ちで直しますますか…。あるいはエキスポートする時に現在の文字コード「Shift_JIS」で書き出して、テキストエディタ上でUTF-8に変換すると結果は変わったかな?

■タグが連結(汗
例えば「リニューアル ドメイン エスケープ Google」と、おそらく別々であったであろうタグが一緒になって1つのタグになってしまっています(半角スペースを半角カンマに検索置換してからインポートすればうまくいくのかな?)それなので、全部のタグが1つずつ、というカウントなのか、タグクラウドでは同じ文字サイズのタグがダーッッと並んでます。

その他は問題なくインポートできているようです。カテゴリも自動的に追加されてます。投稿者もWP上のユーザーにマッピングできます。URLは変わってしまいますが、.htaccessファイルでRedirect Permanentで新しいURLにマッピングするか、あるいはWPのパーマリンク設定で%postname%を設定して、インポートした記事のURLを現在のSeesaa上のURLと同じに置き換えるか…でもその場合、今後WP上で作成する記事は%postname%が設定されることから、日本語のタイトルがそのままURLになるので一貫性がなくなってしまう。やっぱりhtaccessでやるのだろうか。もっとスマートな方法ないでしょうかねぇ。。

あと、このブログの元のURL「wordpress.seesaa.net」をどうするかですね。すべて「http://wordpress4cms.net」のトップページにリダイレクトするか、あるいは記事をここに残しておいて、URLが変わった旨を記載するか。しかし記事をここに残していくと新しいWPのサイトと記事がダブるので、SEO的にまずいかな。かといって、新しいWPサイトでは新しい記事のみ、とすると、すでにwordpress4cms.netでここの記事を見てもらっているので、記事が見つからないということになってしまう。…なんだかややこしいことをしてしまったのではないか?とちょっとシンパイ。

たぶん記事は残して、本文中に新しい記事URLをわかりやすく記して(クリックして移動)、15秒後ぐらいに新URLトップに強制的にリダイレクト(refresh)する。そうすれば訪問者にもクローラーに対しても自然かな、と思う。





ブックマークに追加する

↑ PageTop

cforms IIで送信失敗する時。

※「cforms II」を「cform II」と誤って書いていたので表記を直しました。iTunesをiTuneと書いているみたいで恥ずかしいですね(^^;;;

WordPressに多機能でキレイなメールフォームを簡単に追加できるプラグインcforms II」を触っていて、ちょっとトラブルにハマったのでメモ。プラグインの詳細は別途紹介したいと思います。

■遭遇したこと:
メールが送信できない。「少々お待ちください」のメッセージで止まってしまう。

■原因:
プラグインをインストールした後、WordPressの階層を変えたため。

プラグインをインストール時のWPの位置)
/wp/
その後変えたWPの位置)
/
※ドメイン直下
続きを読む>>> ブックマークに追加する

↑ PageTop

イースターエッグ:隠れたWordPressのWYSIWYGボタン

WordPress標準のビジュアルリッチエディタの機能を増やすイースターエッグ。
(随分古い情報なので既出??ざっと探したけど日本語サイトにはなさそうだったので…)

WordPress(2.1以上)の投稿画面に標準で備わっているボタン類…実はこれ、全部表示されていないんです。
そしてなんと、キーボード操作で簡単に拡張機能を表示/非表示できるんです。

↓普通、インストール後はこうなのが…
easteregg-of-wordpress1.gif

キーボード操作で、

Windowsの場合)
Firefox「alt + shift + v」
IE「alt + v」

Macの場合)
Firefox「control + v」

↓こうなる。

続きを読む>>> ブックマークに追加する

↑ PageTop

WordPressのデータベースMySQLをバックアップ

WordPressのデータベースMySQLをバックアップ。

MySQLのデータをバックアップするには何通りか方法があるようだけれど、エックスサーバーではphpMyAdminを使っていました。そしてMacOSX(10.5)のエディタの「mi」。



続きを読む ブックマークに追加する

↑ PageTop

WordPress カテゴリ別RSSフィードを生成

このブログのアクセスログを見てると、検索キーワードとして
WordPress カテゴリ別 RSS
というような検索が結構ありますが、これはWordPressに標準で備わっています。
いたって簡単。
カテゴリURLのうしろに、それぞれ下記の表記を足してやれば良いです。
カテゴリだけでなくタグも同様。プラグインなどは要らない。

「RSS 2.0」の場合
feed/
「RSS 0.92」の場合
feed/rss/
「Atom 0.3」の場合
feed/atom/

例)求人サイト「シゴトの森」、カテゴリ=東京都のAtom
http://4510m.in/category/地域/東京都/feed/atom/

---
1つのサイトを複数のWPを使って運営している場合、これらRSSフィードを「InlineRSS」などのプラグインを使ってそれぞれのサイドバーなどに呼び出してやれば、シームレスに見せることができますね、簡単に。(もちろんダイレクトにSQLでデータベースから呼び出しても良いです)
ブックマークに追加する

↑ PageTop

日本語URLの長さは22文字まで?

WordPressを文字コードUTF-8で運用して、パーマリンクに/%postname%/を設定すると、日本語の記事タイトルをそのままURLにも設定できる。

しかし今、あるお客のサイト(2.0.10で構築)で長めの記事タイトルを付けたところ、リンクエラーになってしまった。

具体的には「…7月のおすすめコース」というタイトルが、22文字目までは正常でその後が「…7月のおす%e6」のようにエンコードに失敗して、リンクエラーとなる。

これを別のver2.2のブログで同じ記事タイトルで試したところ、「…7月のおす/」とカットされながらもリンクは正常。

WordPressを日本語URLで運用するなら2.0.x系は注意が必要です(避けた方が良いかも)。
また、日本語URLのSEO効果を意識してタイトルを付けるなら22文字以内に含めないといけませんね。
ブックマークに追加する

↑ PageTop

投稿画面でコメントタグは使えない?

(今更な話題だったら読み飛ばしてください)

WordPressの投稿画面ではコメントタグ<!-- 中身がコメントアウトされます-->が使えないようです。深くは検証していませんが、あるユーザーが画像(imgタグ)をコメントタグで囲んだところ、そのコメントタグ以降の投稿内容が表示されずに(テンプレート部分は表示される)、サイトのレイアウトが大きく崩れてしまいました。プレーンなHTMLファイルで同様の書式を試したところ、特に問題なくコメントアウトされて、画像を隠すことができました。

WordPressの追記機能である<!-- more -->や改ページ<!-- nextpage -->とコンフリクトするんでしょうか。とりあえずメモしておきます。 ブックマークに追加する

↑ PageTop

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。