エックスサーバーXserverで日本語ドメインを設定/運用

高機能・格安レンタルサーバーのエックスサーバー Xserver日本語ドメインを設定/運用する方法。
1.まず、日本語ドメインを「punycode(ピュニコード)」に変換します。
例)日本語ドメイン市場.com
punycode → xn--eckwd4c7c275xzjhxlo0ocl32k.com

下記サイトで日本語ドメインを入力してpunycodeを出力します。
---
.jpドメインをpunycodeに変換
日本語JPドメインのPunycode変換・逆変換 日本語.jp

それ以外の日本語ドメインをpunycodeに変換
IDN Conversion Tool VeriSign
---
2.エックスサーバーの管理画面 > ドメイン設定 > ドメイン追加にて、変換したpunycodeを設定
3.1時間〜数時間後(すぐに設定されるサーバーもある)にDNSサーバーに反映され、日本語ドメインでアクセスできるようになる。
4.FTPサーバー上にもpunycodeでフォルダが作成される。通常どおりファイルのアップロード等を行う。

※ちなみに、seesaaブログでもこのpunycodeを入力することで、日本語ドメインでブログ作成することができます。
テストブログ → 「http://制作.seesaa.net/」

以上 ブックマークに追加する

↑ PageTop

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。